リフォームの概要ときっかけ

通常のリフォームとの違い

リフォームといえば経年劣化を改善する。または設備を変更する時に施工しますが、介護リフォームに関しては要介護者、そして一緒に生計を立てている家族が安心して暮らせる住みやすい住宅を提供しています。

施工自体も一つではありませんが、生理現象である入浴や排泄、外出をうまくサポート出来る施工が多いです。出来るだけ自立した生活は要介護者の自身や活力にも繋がり、介護者への負担軽減になります。介護でのトラブルは被介護者と介護者との人間関係の軋みがほとんどです。

人間関係や家族間のトラブルはとてもデリケートな問題で、外部がうまく介入出来ず結果的に事件や事故に繋がります。それを未然に防いでくれるのが介護リフォームの役目でもあります。

施工事例を紹介

なぜここまで介護リフォームが支持される様になったのでしょうか?理由は様々ですが、超高齢社会に突入した事と介護関連の事故やトラブルが右肩上がりで増えている事が原因です。ここでは実際に介護リフォームを導入した方が、どんな施工をしたのかを説いています。

両親と同居をきっかけに住宅に手すり・段差解消の介護リフォームをした方は、導入後は移動が楽になり家族の負担が減ったとの事でした。これらは介護リフォームの中でもポピュラーなもので、被介護者が自由に移動出来るのでストレスが溜まりにくいのも嬉しいポイントです。

テーブルやベッド・ソファなども既存のものから介護用のタイプに変え、お互いが気持ち良く生活出来る様になりました。


▲ TOPへ戻る