タドラの用法・用量は把握しておこう

水の画像通販で簡単に手に入れることができるタドラですが、実際にタドラを手に入れる前に知っておきたいことはいくつかあります。

どれだけ効果の高い医薬品であっても、その効果を充分に得る為には適切な用法用量を守って服用する必要があります。

そうした部 分を守らずに使ってしまうと、効果が思うように得られないだけではありません。

沢山飲んだりすれば、その分だけ副作用が強くなるリスクが高くなります。

元々、副作用のリスクが低いタドラであっても当然過剰に摂取したりすれば副作用が出るリスクは高くなり強さは強まります。

そうなってしまってはEDをタドラによって解消できたとしても、セックスを楽しむなんてできません。

ですから、適切な用法用量を把握して利用することが必要になるわけです。

 

用法用量を調べる必要が無い場合も

病院で処方してもらうイメージ画像タドラの用法用量を調べておく必要はあります。

上記でも言ったように、副作用のリスクが強くなるというだけでなく十分な効果を実感するためにも適切な用法用量は必須です。

EDの症状を改善するため、自分を守るため両方の為に、調べるようにしましょう。

しかし、中にはタドラの用法用量を調べる必要が無いケースもあります。

既にシアリスを病院で処方してもらったことがあるという場合は、特に用法用量を調べる必要はありません。

タドラは、シアリスのジェネリックであり配合されている成分は全く同じです。

そのためシアリスの用法用量を既に知っている場合は改めて調べる必要はありません。

 

注意すべきポイントも

注意点を説明する医師シアリスを既に病院で処方してもらっていて使い方も知っている!

ですが、その時でも確認すべきことがあります。病院で処方してもらったシアリスの成分量です。

現在の日本の病院では成分量が5mg、10mg、20mgという3タイプのシアリスが処方されています。

その一方で通販で購入できるタドラは20mgのものになります。

ですから、日本で5mgを処方してもらっていた人が急に4倍の成分量となるタドラを1錠そのまま服用してしまうと、効果が強く出すぎてしまう可能性があります。

効果は高くなるでしょうが、副作用も強くなりますし現れる可能性も高くなります。

ですから、日本で5mgを処方されていればタドラをピルカッターなどで4分割して服用すれば日本で処方されていた5mgのシアリスと同じ効果が期待できます。

10mgを処方されていた場合は、半分に分割。20mgの場合はタドラをそのまま服用しましょう。

世界と日本ではこうした成分量に大きな違いがある場合は少なくありません。

基本的に海外製品は体格の大きな海外の人に向けて作られているため成分量が多いという傾向があります。

そのため、既に日本でジェネリックの元となる医薬品を処方してもらっている場合でも、成分量に違いがあったりするので確認を忘れないようにしましょう。

 

タドラの服用方法

実際にタドラを服用するための用法用量は、1日1錠が基本です。

上記でも上げたように、既に日本で少ない用量を処方されて充分に効果を得られている場合は、分割して服用しましょう。

また、始めてED治療薬を使うという場合も副作用のリスクを抑えるためにも、分割して服用することをオススメします。

分割してタドラを服用した場合でも、1日に服用できるのは1回までとなっています。

ですから、半分服用した場合、残りの半分を服用できるのは24時間後となり、当日中に残りを服用することは厳禁です。

分割して服用する際の注意は上記以外にも、分割した錠剤はできる限る早く消費するようにしましょう。

分割面はコーティングなど何も施されていない状態でむき出しになってしまうので、医薬品の劣化が分割していない状態よりも早くなります。

そのため分割して服用する場合は、できる限り早く消費するようにしましょう。

タドラを服用するタイミングは自由ですが、効果が出るまでに3時間ほど必要になるのでそれより前に服用しておくことが望ましいです。

服用の際は水やぬるま湯を使って服用するようにしましょう。

タドラを1度服用すれば、効果自体は24~36時間ほど持続すると言われています。この辺りは基本的にシアリスと変わりません。

ある程度前もって服用しても充分に効果を期待できるので、ぎりぎり3時間前まで服用しないようにするの避けましょう。

服用する人の体格や体調などによって、効果が出るまでに3時間以上必要になる場合もあります。

この部分に関しては完全に個人差となってしまうので、注意が必要です。

 

タドラの通販なら

タドラのパッケージ
通販を利用する場合は、信用のおけるサイトかどうかを確認した上で、用法や用量を適切に把握して購入するようにしましょう。

これは、タドラに限らずどんな医薬品を通販で購入して利用する場合にも言えることなので、覚えておくとよいでしょう。

タドラの購入はこちら