補助金制度を有効活用!介護目的のリフォームには何がある?

介護リフォームのカギは補助金にあり!申請方法や施工について

リフォームの概要ときっかけ

通常のリフォームは新しい設備の導入や劣化した部分を改善する為に行います。しかし介護リフォームはあくまでも介護が目的なので、通常のリフォームとは違います。 日本は超高齢社会なので早い段階から介護リフォームを施工する方が増えていて、その施工についても紹介しています。

介護リフォームで受けられる補助金について

高齢者や身体の不自由な方と一緒に住んでいるので、介護リフォームを検討しているが施工費が高額で手が出ない。 そんな方におすすめなのが介護リフォームの補助金制度です。金銭の問題で家族にいらぬ心配をかけたくない。または出来る限り安く施工したい方にぴったりです。

介護リフォームの目的と施工事例

リフォームといえば古くなった設備を入れ替える。あるいは修繕施工を行うものですが、国内でリフォームが使われるきっかけになったのは1970年代のオイルショックが皮切りでした。急激なインフレにより、これまでの生活を維持出来なくなった方が増えて生活基盤自体を大きく変えなければなりません。

その当時、住まいはリフォームではなく建て替えがメインでしたので多額の費用が発生していました。しかしその費用すらも捻出出来なくなり、リフォームという概念が生まれました。元々は新築施工の片手間として修繕する程度でしたが、時代のニーズに則りリフォームを前面に押し出したところ、多くの人が利用する事になったのです。1980年代になるとリフォーム業界に多くの大手住宅メーカーが参入し、より動きが活発になりました。

2000年には住宅品質確保促進法の施行が発足され、リフォームが私達の生活により身近になりました。2010年代になると住宅の建て替えをするケースは激減し、その代わりリフォームやリノベーションをする方が大幅に増えました。近年では古民家を改築して住む方や、築年数の経過している住宅を安く購入して自分の趣味やライフスタイルに合った住まいへリフォームするのがトレンドになっています。

日本は超高齢社会であり8人に1名が60歳以上になりつつあります。その時代の流れによって新たに生まれたのが介護リフォームです。その概要はもちろんの事、施工方法や補助金について説明しています。

介護リフォームの申請方法と注意点

施工を依頼する前に介護リフォームの補助金を得る。あるいは申請をしなければ後になって補助金が降りない。これらのケースを防ぐ為には、まず申請方法を理解しておく必要があります。 申請方法だけでは無く、申請するにあたっての注意点を知り事前リサーチを行います。

▲ TOPへ戻る